このブタさんは個人的に思い入れのある共食いキャラである。ぼくが意識的に共食いキャラを収集しはじめたきっかけとなったのが彼なのだ。彼だか彼女だかは不明だが。

 帽子からしてコック長らしきブタ。陣頭指揮をとり、仲間の肉をさっくりジューシーに揚げていく。あまつさえナイフとフォークを手に食べる気まんまん。「山道」という名前は、その生きる険しさを表現したものか。

 シンプルなタッチで共食いキャラらしさを存分に表現した名作。ことさら鼻だけピンク色にした点も心憎い。

 ぼくの通っていた幼稚園のそばにいる共食いキャラである。思えばこれを見て育ったから、ぼくはこうなったのか。