共食いキャラクター

カテゴリ : ブタ

大阪は梅田で見つけたお店。店頭路上に出された黒板をよく見ると



なんと、実写共食いブタがそこに。

というか、わざわざ黒板にパウチ加工してまで共食いキャラを活躍させたくなる我々人間とはどういう生き物なのだろうか。

と、怒りを覚えながら入店、おいしくいただきました。



完全にコック長気取り。ビール片手に仲間の足を食えと勧める共食いブタ。いやしかし、彼も人間にやらされているうちにこうなってしまったのだ。同情すべきなのだろう。

と、ぐっとこらえて同情心をかき立てるのだが、「コラーゲン駐"豚"地」のダジャレを見せられてはそれも難しい。



危機感の薄いことで知られる、共食いブタさんだが、こうやってその運命を悟って悲しげな表情をするものもいる。「おいしい やすい しんせん」とまでアピールされてしまったら、そりゃあ憂いたくもなるというものだ。ひらがなだし。「豚足」だけ赤いし。

ただ、これも共食いブタにありがちなのだが、蝶ネクタイ姿というのがいまひとつ同情できない雰囲気を醸し出している。

この赤い蝶ネクタイを捨てたとき。それが彼の新たな旅立ちの日だと思う。なんか不吉だね「旅立ち」って。この場合。



どんぶりにイン。にっこり。ブタさんに「危機感」という感情はないのか、とよく思う。

トンコツラーメン屋のシャッターにいる共食いキャラである。自ら食材になろうというのか。蝶ネクタイ姿で。

しかし、頭上の帽子から見るにコックらしい。だとするとこれはただのポーズか。仲間は実際そうやってダシになっているというのに、なんという態度。

あと、耳がへん。



この共食いブタさんの名前が「とん美」なのだろうか。その名を店の名に冠する共食いキャラ。だとしたら、それは名誉なことなのか、悲しむべきことなのか。

いずれにせよ、ご本人は仲間の肉を食えと勧める仕事が嫌でならないようだ。店主としても、こんな表情をした共食いキャラを店頭に置いておくわけにはいかないと思っているに違いない。

しかし彼女を外すわけにはいかないのだろう。そう、彼女が「とん美」だからだ。

まさに看板娘の名にふさわしい共食いキャラ。とん美の明日はどっちだ。



「三段バラ1人前950円」というアピールの横でガッツポーズ。共食いキャラとしての職務に忠実すぎる共食いブタである。

韓国料理屋にふさわしいメイクと衣装とハチマキ。あまつさえウィンク。というか、耳が上に生えているブタさんのハチマキってそういう風にするものなのね。



「自分が同胞の肉を食えと勧めている」ということに、共食いキャラたちに気付いてもらいたいのか、いっそ知らないでいてほしいのか。自分でもどちらの立場をとったらよいのかいまだに分からない。悩ましい。30代も後半、独身。もっと他に悩むべきことがある気もする。

このトンカツ屋さんの共食いキャラは、あきらかに気付いてしまった表情だ。放心状態。これでお客さんが呼べるのか。

なぜぼくが、気付いてほしくない気もするのかというと、このように気付いてしまったキャラは集客係として不適格とならざるをえないからだ。そう、不適格と店主に判断されたブタさんは…いや、言うまい。



自らの仕事内容を悟ってか、もはやあきらめ顔の共食いブタさん。ハチマキ(だとおもう)姿と愁いを含んだ表情とのギャップが得難い。

たぶん、店主が見に来たときは表情を変えてにっこりと客引きをするのだと思う。けなげだ。



あらまあ、と絵に描いたようなポーズで驚きを露わにするブタさん。この驚きは仲間が食われてしまうことへの感情であってほしい。

韓国料理店には多くの共食いブタさんがいるので今後も注意していきたい。



アップリケというかわいらしい形態によって命を吹き込まれた共食いキャラ。どうして人はこうやって共食いキャラを生み出してしまうのか。

店主の手によるものだろうか。手作りの共食いキャラである。

基本的に円弧の組み合わせで表現できてしまうブタさんの悲劇といえよう。

このページのトップヘ