共食いキャラクター

カテゴリ : コンビネーション



焼き肉屋店頭で、ウシさんとブタさんが並んでサムアップ、したなめずり。しっかりしろ。良心はどこへおいてきた。

コック帽にエプロンから見るに、舌なめずりにとどまらずどうやら積極的に調理も行う身分らしい。良心はどこへおいてきた。

しかもこのふたり、焼き肉の本場韓国でも多く見かけた方々。どうやら海を越えて活躍する共食いキャラ斡旋組合かなにかが存在するらしい。世も末だ。



肉屋に仲間の肉を買いにきたウシ、トリ、ブタのご一行。あら奥さん、とばかりに世間話に花が咲く。

ぼくとしてはこれは中に人間が入った着ぐるみだと思いたい。あんまりだ。

とくにトリの首のなさを見るに着ぐるみっぽい。そうかそうか。それなら安心だ。



ウシやブタはなにも好きこのんで仲間の肉を勧めているわけではない。共食いキャラとしての職に就かせるのはもちろん人間だ。

したがって、共食いキャラと共に人間が客引きをするという行為はもっとも忌むべきものだとぼくは思う。そのおぞましさが遺憾なく発揮されたのがこの看板。

ウシよ、ブタよ、きみのうしろにいるそのおかしな風体のおっさんは仲間じゃないぞ!箸降ろせ!七輪の上でじゅうじゅういっているその肉片が何かわかっているのか!

なんど見ても涙が出る。

あと、この看板、ダムサイトの萩原さんにダムに連れて行ってもらった道中に発見したもの。道路脇にみつけて、おもわず運転中の萩原さんに「ちょ!ちょっと!クルマ停めて!」って叫んでしまいました。

「共食い看板見つけてクルマ停めさせる人はじめてみた」って萩原さんに後に述懐されましたとさ。



ぼくは基本的に、共食いキャラクターなどという不幸な職業はなくなるべきだと思っている。しかし、彼らを追い続けていると、ときどき「これはすごいなあ」と感心してしまう方に出会うこともある。反省。

このウシさんとブタさんもそんな感心なキャラ。屋号である「石井」の「石」の字に自らの体をトランスフォームさせるという荒技。すばらしい。いやいや、感心してはいけない。いやでもしかし、これはすごい。

下を見れば、こんどはカタカナの「イシイ」の字に変身したブタさんが。すごい。

悲しみの中から芸術が生まれることもある。そういうことだろうか。ちがいますね。



愁いを帯びた表情。店頭でこんな顔をされたんじゃ肉買うわけにはいかないじゃないか。買うけどな。

ウシさんのほうは、ストレスのためか体毛が真っ白に。よく強いストレスで一夜にして白髪に、という話があるが、あれだろうか。あれ、都市伝説らしいですね。

ブタさんのほうも口元あたりがなんだか不思議なことに。両者共に体に異変を起こしている。そりゃそうだ。共食いキャラとはつらい職業なのだ。

あと、ウシさんのあたまがへんにパンチパーマっぽいのも気になる。



ブタさんとウシさんのコンビネーション。ブタさんの耳や口元をはじめとした、全体的な造形の不安定さは仲間の肉を売らねばならぬストレスからくるものか。

ウシさんも心配だ。なんせ体が真っ白。強いストレスで頭髪が一晩で真っ白に、という話を聞くが、彼はそういう状態に違いない。かわいそうに。

頭髪といえば、その頭のモジャモジャもきになる。ウシってそんなだっけ?頭。

このページのトップヘ