共食いキャラクター

カテゴリ : ウシ



自分の職務の意味を知って茫然自失といったところか。共食いキャラ界の中でも脳天気さを誇るウシさんにはめずらしい。

こういう良心を持ったウシさんがまだいるのだと知ると、ちょっと嬉しいと同時に気の毒な気分にもなる。

「和風ステーキ」の文字の横で放心状態。今後の彼の身の振り方には注目していきたい。



日本において、名物料理と共食いキャラは切っても切り離せない関係のようだ。ぼくとしては切り離してほしい。

にっこりと店頭で客引きをするのは、仙台の牛タンを勧める共食いウシ。食材となる部位をことさらアピールするように舌を出している点がやるせない。「舌を出す」という行為がどこかコミカルな点もかなしい。

一見笑顔だが、その奥底には悲しみが垣間見える。と思う。本当に心底おどけているのだとしたら、彼には「目をさませ」と言ってやらねばなるまい。



名物料理があるところに共食いキャラあり。共食いキャラ第2法則である。

沖縄では共食いブタが誇らなくていい隆盛を誇っているが、ここ仙台では共食いウシが台頭している。むろん、牛タン料理店が主戦場である。

この例で興味深いのは、そこに、こちらもまたご当地名物である伊達政宗を合わせてきた点。牛タン共食いウシと名将のコラボレーションが行き着いた先は、まさかのダジャレ。

仲間の舌を食えと勧めるだけでもつらいのに、このダジャレをモチーフにしたコスプレはどうだ。

なかなか凛々しい表情をしているが、内心はやるせない気持ちに違いない。

共食いキャラを研究し続けていると「これは以前別のところにもいたぞ」というものに出会うことがある。たとえばこれがそうだ。


韓国料理屋店頭でサムアップ。コック帽でウィンク。仲間を食わせる気まんまんの共食いウシ。彼に別のところでも出会ったのだ。



同じ共食いキャラだ。これは同じ系列のお店というわけではない。つまり、彼はさまざまなお店で広く活躍する売れっ子共食いキャラというわけだ。

これだけ罪悪感を感じさせないサムアップができてこそ、この業界で勢力を伸ばせるというわけか。共食いキャラ界もなかなか厳しい世界のようだ。

このページのトップヘ