共食いキャラクター

タグ: トリ



「心頭滅却すれば火もまた涼し」と言いたげな表情。悟りの境地共食い。

焼き鳥の串を片手に持ち、瞑目して共食いに挑むのはニワトリ共食いキャラ。「タブラ・ラサ」とはこういうことか。

よく見ると串を持つ手が、本来羽根のはずがちゃんと五本指。仲間を食うために進化したか。そんな進化はいやだ。



田岡さまより投稿いただいたもの。ありがとうございます。

このトリを見て、不覚にも初めて気がついたのは、よく見かけるトリキャラ、あの白いニワトリはほんとうに食用だっけ?ということだ。

調べたところ、あの白いのは「白色レグホン」という種で、タマゴを採るためのものだった!つまり彼らが焼鳥屋店頭で集客したところでそれは「共食い」ではないのだ!

いや、そんなことないか。

一方、食肉用のニワトリの代表が、この舌なめずりしてるトリさん。「ロードアイランドレッド」だ。

彼こそ、真の共食いトリだったのだ。目を覚ませ。



まさかのボディビル共食い。肉体美を肉屋店頭で見せつけた結果はどこへ着地するのか分かっているのだろうか。

トリのアイデンティティたる羽根さえ捨てて体を鍛える。

共食いキャラかどうこうという次元を越えた暴走っぷりである。



なぜこんなにふつうの表情なのか。お銚子とおちょこを運ぶその背後に、まるで亡霊のように仲間の肉が刺さった串が舞っている。

ウェイターをつとめるトリさん。たぶん自分がなにを運ばされているのか分かっていないのだろう。串に刺さった肉片がまさか仲間のものだとは。まあ、あの状態だと何の肉かなんて分からないよね。

「あのー、マスター…」
「あー!厨房入ってきちゃダメって言ってるでしょ!」
「すみません。でも…」
「いいからいいから!あっちいってて!」
「…」

たぶん、マスターもこんなふうに串に刺されるまえのトリ然とした肉塊を彼に見せまいと必死なのだろうと思う。マスター、けっこういいやつ。ほんとか。


 
「とろろ」さんよりいただきました。ありがとう。スーパーのチラシにいたという共食いトリ。

もう完全にシェフ気取り。表情もいっちょまえ。下に人間のコックもいるんだけど、役割と位置関係からみてどうしたって彼の方が格下。

びっくりするのは、羽でオタマを持つことができるという点。昨日今日の共食いではなさそうだ。

このページのトップヘ