南国沖縄で朗らかに「耳を食え」と誘う共食いキャラ。いかんなくキャラ化されたかわいらしいブタさんだが、「コリコリとした歯ごたえ、とまらない美味しさ」と味のアピールに加え、「コラーゲン、カルシウムが豊富」と栄養学的観点からも共食いを推奨。

 そればかりか要所要所に「おつまみ」「おやつに」など小粋な提案まで。

 罪のなさそうな天真爛漫ぶりなだけに涙を誘う共食いブタ。食わせるのが耳だというのもかえって悲惨な感じがするうえ、アピールが功を奏してかけっこう売れているらしき点にも業の深さを感じる一品。