共食いキャラクター

タグ: 牛タン



牛タン料理の看板にいた共食いキャラ。ウシだ、と思って撮影したがずっと見ていると分からなくなってくる。これはほんとうにウシだろうか。ウシであってほしいようなそうでないような。

とくに口元の造形が不思議なことになっている。このお店がタン料理専門だということと考え合わせると、ちょっと不吉な想像をしたくなる口元だ。

共食いキャラ研究をやっていると、とかく不吉なことばかり考えるようになってしまいます。



脳天気で有名な共食いウシ。どいつもこいつも陽気にサムアップなどしがちな彼らだが、このウシは珍しい。人間に不満表明の表情である。

というか、共食いキャラと一緒に人間が登場するケースも珍しい。同胞の肉を食えと勧めさせる側の人間が、共食いキャラと同じ場所にいるというのにはさぞかし勇気がいることだろう。この看板の彼はどうやら酩酊状態のようだが、たしかにしらふじゃやってられないだろう。



日本において、名物料理と共食いキャラは切っても切り離せない関係のようだ。ぼくとしては切り離してほしい。

にっこりと店頭で客引きをするのは、仙台の牛タンを勧める共食いウシ。食材となる部位をことさらアピールするように舌を出している点がやるせない。「舌を出す」という行為がどこかコミカルな点もかなしい。

一見笑顔だが、その奥底には悲しみが垣間見える。と思う。本当に心底おどけているのだとしたら、彼には「目をさませ」と言ってやらねばなるまい。



名物料理があるところに共食いキャラあり。共食いキャラ第2法則である。

沖縄では共食いブタが誇らなくていい隆盛を誇っているが、ここ仙台では共食いウシが台頭している。むろん、牛タン料理店が主戦場である。

この例で興味深いのは、そこに、こちらもまたご当地名物である伊達政宗を合わせてきた点。牛タン共食いウシと名将のコラボレーションが行き着いた先は、まさかのダジャレ。

仲間の舌を食えと勧めるだけでもつらいのに、このダジャレをモチーフにしたコスプレはどうだ。

なかなか凛々しい表情をしているが、内心はやるせない気持ちに違いない。

このページのトップヘ