共食いキャラクター

タグ: 肉屋

DSC_6550

各種共食い種族が集まった、いわゆる「コンビネーションプレイ」である。見事だ。

いや、これを見事と言ってはいけないか。上に積み重なっていく「ブレーメン系」は肉屋によくみられるコンビネーションの王道ではあるが、悲しみを誘うのは右下のヒヨコだ。

子世代に共食いキャラをやらせるのはまずい。それだけはやめてほしい。親鳥はにっこり笑っている場合ではない。わかってんのか。

ウシのやや怪訝そうな表情が印象的である。



墨痕鮮やか、力強く「牛豚鳥」と書かれながらも、キャラとして登場するのはやっぱりこのお二方。両者の共食いキャラ界における権勢ぶりを見せつけられたかっこうだ。

しかし両者のスタンスは対照的。ウシさんのこのきりりとした表情に比べ、ブタさんには憂いが感じられる。というか、ブタにこんな眉毛あったっけ。



ご存じ「ブレーメン系」コンビネーション共食いキャラである。ウシ、ブタ、トリを並べるとき、人は縦に積み重ねたくなるものらしい。たまにはトリが下とか見てみたい。

この共食いキャラトロイカ体制で注目すべきは、ウシの脳天気ぶりに対し、ブタとトリがびっくり顔である点だろう。仲間の肉を食えと勧めさせられるだけでもつらいのに、なんでこんな組み体操みたいなことまでしなきゃならないのか。そりゃあ面食らうだろう。

あるいはあれか、高いところ苦手か。



肉屋さんのショーケース上にもよく共食いキャラがいる。お見逃しなきよう。

これはなんと自らの肉名(英名)にトランスフォームした共食いトリオ。これを共食いキャラと呼ぶかどうかは共食いキャラ鑑賞界でも意見が分かれるところだが、トリさんの例によって調子に乗っているさまや、ブタさんの哀愁漂う雰囲気がじゅうぶん共食いキャラ感を醸し出しているとぼくは判断した。

表情もないのにこのブタさんのかわいそう感はどうだ。さすがキング・オブ・共食いキャラである。



肉屋の共食いキャラに多く見られるウシ、ブタ、トリ、のトロイカ体制、いわゆる「ブレーメン系」である。

この音楽隊はピクトさん学会の内海さんよりいただいたもの。シルエットであるという点がまだしも救い。

共食いキャラにおいてまでピクト風のものを持ってくるとはさすが内海会長である。



一昔前のサンリオキャラにでてきそうなおどけたウシさんが印象的な肉屋店頭の共食いキャラトリオ。

ブタさんの平常心っぷりに比べるとウシさんの態度が際だつ。そしてトリさん。きみのそのメイクはあれか、ジーン・シモンズか。



肉屋に仲間の肉を買いにきたウシ、トリ、ブタのご一行。あら奥さん、とばかりに世間話に花が咲く。

ぼくとしてはこれは中に人間が入った着ぐるみだと思いたい。あんまりだ。

とくにトリの首のなさを見るに着ぐるみっぽい。そうかそうか。それなら安心だ。



ぼくは基本的に、共食いキャラクターなどという不幸な職業はなくなるべきだと思っている。しかし、彼らを追い続けていると、ときどき「これはすごいなあ」と感心してしまう方に出会うこともある。反省。

このウシさんとブタさんもそんな感心なキャラ。屋号である「石井」の「石」の字に自らの体をトランスフォームさせるという荒技。すばらしい。いやいや、感心してはいけない。いやでもしかし、これはすごい。

下を見れば、こんどはカタカナの「イシイ」の字に変身したブタさんが。すごい。

悲しみの中から芸術が生まれることもある。そういうことだろうか。ちがいますね。



愁いを帯びた表情。店頭でこんな顔をされたんじゃ肉買うわけにはいかないじゃないか。買うけどな。

ウシさんのほうは、ストレスのためか体毛が真っ白に。よく強いストレスで一夜にして白髪に、という話があるが、あれだろうか。あれ、都市伝説らしいですね。

ブタさんのほうも口元あたりがなんだか不思議なことに。両者共に体に異変を起こしている。そりゃそうだ。共食いキャラとはつらい職業なのだ。

あと、ウシさんのあたまがへんにパンチパーマっぽいのも気になる。



食肉専用冷凍車の後ろ手仲間の肉を掲げ、その新鮮さをアピールする共食いウシ。

共食いキャラには蝶ネクタイをするものが多いのだが、どうしてだろう。彼もまたそれらしきものをしている。

いや、これはもしかしたら、ちいさいブロック状になってキャンディ包みされているカツオのおつまみかもしれない。あれ、最近見ないよね。

ともあれ、彼のうすらピンクの地肌はどうだ。というか、下あごがウシ離れしている。よく見たら右手も変。その上に乗ったものも謎。

このページのトップヘ