共食いキャラクター

タグ: 調理側



焼き肉屋店頭で、ウシさんとブタさんが並んでサムアップ、したなめずり。しっかりしろ。良心はどこへおいてきた。

コック帽にエプロンから見るに、舌なめずりにとどまらずどうやら積極的に調理も行う身分らしい。良心はどこへおいてきた。

しかもこのふたり、焼き肉の本場韓国でも多く見かけた方々。どうやら海を越えて活躍する共食いキャラ斡旋組合かなにかが存在するらしい。世も末だ。


 
「とろろ」さんよりいただきました。ありがとう。スーパーのチラシにいたという共食いトリ。

もう完全にシェフ気取り。表情もいっちょまえ。下に人間のコックもいるんだけど、役割と位置関係からみてどうしたって彼の方が格下。

びっくりするのは、羽でオタマを持つことができるという点。昨日今日の共食いではなさそうだ。


 
2010年最初のご紹介は投稿いただいたもの。拙著「共食いキャラの本」をご購入いただき、なんと
「紹介されたものを楽しむだけでなく、自らも研究をしなければいけないという使命に駆られました」

という高瀬さんからです。だいじょうぶでしょうか。コメントをご紹介しましょう。
うなぎという珍しさもさることながら、自ら仲間を調理し「おいしいよ!」とまでのたまう非情さも見逃せません。焼かれている仲間の痛々しいことと言ったら。妙につぶらな瞳も印象的です。

法被とハチマキ、団扇のようにパタパタさせているヒレ、飛び上がる眉など、まるで縁日の屋台のように陽気です。

正直同情できないくらいだと思いましたが、あまりに白々しい笑顔を見ると、彼もこうしなければ生きていけないのだろうか、と思いを巡らせてしまいました。

確かに、きみの胸びれはそういうことをするためのものじゃないだろう、と苦言を呈したくなる。

それにしてもうなぎの共食いキャラはめずらしい。うなぎ屋さんには必ずうなぎが描かれているのだが、たいていシルエットなど図案化されたものがほとんど。キャラ感に欠けるうなぎ界において、この共食いキャラ、貴重である。いや、共食いキャラはいなくなった方がよいので、貴重とかそういうものではないのだが。

しかし、「彼もこうしなければ生きていけないのだろうか」という感慨を持つとは、高瀬さん、もうすっかり共食いキャラ研究家だ。



完全にコック長気取り。ビール片手に仲間の足を食えと勧める共食いブタ。いやしかし、彼も人間にやらされているうちにこうなってしまったのだ。同情すべきなのだろう。

と、ぐっとこらえて同情心をかき立てるのだが、「コラーゲン駐"豚"地」のダジャレを見せられてはそれも難しい。



どんぶりにイン。にっこり。ブタさんに「危機感」という感情はないのか、とよく思う。

トンコツラーメン屋のシャッターにいる共食いキャラである。自ら食材になろうというのか。蝶ネクタイ姿で。

しかし、頭上の帽子から見るにコックらしい。だとするとこれはただのポーズか。仲間は実際そうやってダシになっているというのに、なんという態度。

あと、耳がへん。



トンコツラーメン屋さん店頭で貫禄十分。手は腰に。レンゲを胸元に掲げた姿は、聖徳太子を彷彿とさせる。そのまなざしはあくまでもおだやか。遠くを見つめ、今日も仲間のダシを取る。

ペットは飼い主に似る、などというが、彼の姿は見れば見るほど人間のよう。いや、もしかしたら共食いキャラではなく、何かの呪いで人間がブタのようになってしまったのか。「調理できないブタはただのブタさ」というわけか。

アドリア海の大空を舞うか、新宿のトンコツラーメン屋の店頭を舞台とするか。

「おいしいとは、こういうことさ」。スタジオジブリがお届けするストレート固麺スペクタクル。この夏公開です。うそです。



喜びすぎではないだろうか。

これまでたくさんの共食いキャラを見てきたが、いまだになぜそこまで屈託なく笑えるのか理解ができない。彼らのプロ魂には恐れ入る。

あと、このキャラは窓ガラスに描かれているが、となると恐らく中で鉄板焼きを食すお客さんもこれを目にするはずだ。

ブタを食べながら、コテ片手に大喜びのブタを見る。食欲は落ちないのか。落ちないよねえ。

ようするに、ブタ側の精神もさることながら、共食いキャラに慣れっこになっている我々日本人側もかなりのものだ、ということだ。


 
衝撃。
 
大井町でみつけたショッキングな共食いキャラである。なんだかんだいって共食いキャラにはどこか憂いが感じられるものだが、これはどうだ。満面の笑みが、上手いんだかそうじゃないんだかにわかに判別がつかない描写力とあいまって非常に複雑な心持ちにさせられる。
 
右手に持つのは、もちろん仲間の肉。串に刺さっている。そして、問題は左に持った団扇に書かれたメッセージである。

リピートをうながす共食いキャラとは珍しい。営業熱心には感心するが、ほんとうに君はそれでいいのか。 

いや、もしかしたら「来世で会おうね」ということなのかもしれない。とすると、この笑みは解脱に至った末の表情か。

いや、そんなことないな。

 別々のお二方から投稿いただいた共食いブタキャラ。これが驚きの展開に。


 
 これは速水螺旋人さんから通報のあった共食いブタ。なんと、モスクワのメス豚である。海の向こうの共食いキャラだ。

「裸エプロンで客を悩殺せんとする肉感的な豚。まさに仲間を売って平然としているみだらな雌豚といえましょう」


 とのコメント。雌と決めてかかっているところに速水さんの憤りを感じる。

 これまで無節操な共食いプレイをいくつか見てはきたが、これはひどい。誘うようなな目元と口元、腰に手をやるその様、妙なモデル立ち、そして裸エプロン。どこをとってもカチンとくる。そりゃあ、ウォッカもすすむというものだ。

 そして田中さんからいただいたのが、下のブタだ。

 
 なんと、同じポーズ、同じデザイン。こちらは日本国内のもの。

 どちらが先かは分からないが、いずれにせよ、そこまでして真似することか共食いキャラは、と思う。国境を越えての共食いの惨劇。武器商人のようである。
 
田中さんは

「鼻にOPENの文字をぶらさげ、笑顔で調理後の仲間を運ぶ。冷静に考えると、かなり酷いキャラです」


とコメント。象はその鼻を、人間の手のように器用に使うが、ブタの鼻にもこんな使い方があったとは。いやいや、そんなところに感心している場合ではない。

 「どう?すごいでしょ?」とばかりに満面の笑みと得意げなポーズで看板をぶら下げているが、その意味が分かっているのだろうか。分かってるよなあ、コック帽かぶってるし。

 あと「O・P・E・N」の「・」はいらないと思う。


 
 共食いキャラの定番とも言うべき、コック豚。

 ふてぶてしい表情となぞの衣装。いわゆるハダカエプロンである。もはや仲間をさばくのに何の罪悪感も感じていないのだろう。にくたらしい。

 とくにとんかつ屋方面でお目にかかれるこのコック豚だが、今回彼がお勧めしているのはなんと海老フライ定食。体制に飼いならされた豚野郎かと思ったが、案外こうやって彼なりに仲間を助けているのかもしれない。すまなかった、豚。

このページのトップヘ