共食いキャラクター

タグ: 調理側


 
 ラーメンを料理するのも食すのも、ぶた。とんこつベースにチャーシューをトッピング。そのおいしさにみんなに笑顔がこぼれる。その数あわせて11匹。これまでにない規模で迫り来る共食いキャラの物量作戦だ。

 この看板には店の名前もなにもなく、純粋に共食いだけを訴求した作品となっている。見つけたのは、北海道は旭川の繁華街。北の大地ならではの大らかな共食いキャラ作品といえるだろう。

 


 
 神田ぱんさんから通報のあった共食いキャラ。肉屋の看板だそうだ。

 目を覆わんばかりの惨劇。そういえば共食いだよな、と自覚的になった作者が行き着いた結論がこれ。確かに正しい結論だ。だが、正論はときに人を幸せにしない。

 知りたくなかった共食いの極北。共食いキャラを前に、人は何を得、そして何を失うのか。



 立体である。

 しかも招き猫スタイルという浮かれっぷり。その出で立ちからして板前さんのようだ。小脇には豚肉の消化を良くするともっぱらの噂のキャベツ。

 しかしよく見ると、なんだか目が死んでいる。仲間を食えと勧めることのストレスが彼をこうしてしまったのだろうか。じっと見ていると悲しみが襲ってくる共食いキャラである。こんなものじっと見つめているのはぼくぐらいのものでしょうが。


 
 これも非常に共食いキャラらしい出来映え。まずその描写能力の稚拙さが際だつ。共食いキャラには、なぜかこういうヘタクソな絵が多いのだ。ただでさえおぞましい共食いキャラが、そのうかつな画風と相まってさらにこわい感じに。

 まずもってその右手はどこから生えているのか。というか、左手が短すぎないか。いやいや、それより前にそのフライパンの中身はなに?だいたいなぜ黄色い?

 つっこみどころ満載だが、満載過ぎて突っ込んだら負けという気がする。妙な首の長さとにんまりとした笑顔が憎らしい、珠玉の共食いキャラである。
 
 


 
 このブタさんは個人的に思い入れのある共食いキャラである。ぼくが意識的に共食いキャラを収集しはじめたきっかけとなったのが彼なのだ。彼だか彼女だかは不明だが。

 帽子からしてコック長らしきブタ。陣頭指揮をとり、仲間の肉をさっくりジューシーに揚げていく。あまつさえナイフとフォークを手に食べる気まんまん。「山道」という名前は、その生きる険しさを表現したものか。

 シンプルなタッチで共食いキャラらしさを存分に表現した名作。ことさら鼻だけピンク色にした点も心憎い。

 ぼくの通っていた幼稚園のそばにいる共食いキャラである。思えばこれを見て育ったから、ぼくはこうなったのか。

このページのトップヘ