共食いキャラクター

タグ: 韓国料理

共食いキャラを研究し続けていると「これは以前別のところにもいたぞ」というものに出会うことがある。たとえばこれがそうだ。


韓国料理屋店頭でサムアップ。コック帽でウィンク。仲間を食わせる気まんまんの共食いウシ。彼に別のところでも出会ったのだ。



同じ共食いキャラだ。これは同じ系列のお店というわけではない。つまり、彼はさまざまなお店で広く活躍する売れっ子共食いキャラというわけだ。

これだけ罪悪感を感じさせないサムアップができてこそ、この業界で勢力を伸ばせるというわけか。共食いキャラ界もなかなか厳しい世界のようだ。



自らの仕事内容を悟ってか、もはやあきらめ顔の共食いブタさん。ハチマキ(だとおもう)姿と愁いを含んだ表情とのギャップが得難い。

たぶん、店主が見に来たときは表情を変えてにっこりと客引きをするのだと思う。けなげだ。



あらまあ、と絵に描いたようなポーズで驚きを露わにするブタさん。この驚きは仲間が食われてしまうことへの感情であってほしい。

韓国料理店には多くの共食いブタさんがいるので今後も注意していきたい。


 
東京は有楽町の有名店である。共食いキャラの出現率では業界トップクラスを誇る韓国料理屋さん。

いささか「わざとやってる」感が強く、いかがなものかと思わないでもないが、その量に突き抜けた何かを感じたのでご紹介したい。


なぜこんなかっこうなのか。


逆サイドはなんだか大阪のおばちゃんみたいなファッションだし(大阪なご婦人方には申し訳ない)。


そして中央にそびえ立つのが、この3D共食いキャラブタ。なんと鼻から蒸気を噴き出す。サービス過剰である。


昨今の飲食店に多いキャップ姿のスタッフに扮した共食いブタ。「おいしいヨ!」って言ってるし。「ヨ」はよせ、「ヨ」は。しかもそのキャップにも共食いブタが描かれているという始末。すわ共食いキャラ無限後退か。


どうぞどうぞ、と勧める共食いブタ。よく見れば背後に「入っちゃうの?」という感じのブタが。良心的なタイプがいて一安心。


窓から中を覗いても、このありさま。

どこまでも共食いキャラを欠かすことのない、徹底した共食いプレイにやや胃もたれ気味である。


 
 韓国料理屋さんにブタの共食いキャラクターはつきものである。その出現率の高さはタコ焼き屋といい勝負だ。さすが日本と並ぶキャラクター大国である。
 
 さて、この共食いキャラ、耳の色、鼻と目のデフォルメ、ボディの略され具合といい、かなりの手練れによるものと見た。が、ちょっと怖い。客引きというより、なんかすごんでいるように見える。やはり、ほんとうは仲間を食って欲しくないのか。店頭に置けるささやかな抵抗か。おまえ、いいやつだな。
 
 とおもいきや、その口元に。それは、なに。

 デフォルメが過ぎた舌の表現と思いたい。仲間を食したあとの血の滴りではないだろうな。

このページのトップヘ