共食いキャラクター

タグ: 食材側



北京ダックを売り込むトリ。そう、これが正しい姿だ。

しかし、正しさはときに人を不幸にする。いや、人じゃないけどな、彼は。

脳天気に浮かれて集客する共食いキャラには苦々しい思いをしつつ、だからといってこう正攻法に出られても困る。

せめてこの姿が演技であることを祈る。でもなあ、羽根むしられちゃってるしなあ。あ、特殊メイクかもしれないよねー。



どんぶりにイン。にっこり。ブタさんに「危機感」という感情はないのか、とよく思う。

トンコツラーメン屋のシャッターにいる共食いキャラである。自ら食材になろうというのか。蝶ネクタイ姿で。

しかし、頭上の帽子から見るにコックらしい。だとするとこれはただのポーズか。仲間は実際そうやってダシになっているというのに、なんという態度。

あと、耳がへん。



共食いキャラを雇ってしまう人間側が、その罪悪感を軽減するためか、共食いキャラのいるお店には「ダジャレ」が多い。このお店もそんな共食いダジャレ店のひとつ。

「とこ豚」。おそらく健康をとことん追求する、というコンセプトの表現なのだろうが、共食いキャラ研究家のぼくとしては、このブタさんの健康の方が気になる。

見れば、手足がないのも不吉。やや放心状態の表情に彼自身のヘルシーを見出すことは難しい。


 
 「焼トン」の看板キャラとしてのその呪われた運命を知ってか悲しみの表情。同情を禁じ得ない。悲しそうな顔をした食材キャラを店頭に据えることが集客につながるのかどうか疑問だ。

 追い打ちをかけるように「備長炭使用」との具体的な調理方法を明示。残酷だ。

 その愁いに満ちた表情に胸を痛ませながらもおなかはいっぱい。おいしかったです。ごちそうさま。


 
 とんかつやの看板娘はボディに墨痕鮮やかな店名。

 そのいでたちはコックでもなく、限りなく食材としての描写に近いキャラ設定。厳密には「共食い」ではないかもしれない。しかし、とんかつやがぶたさんをキャラとすることの違和感は同じだ。

 「え?何か書いてある?」とでも言いたそうな表情は、いたずらで背中に「バカ」とか書かれた紙を貼られたいじめられっこを髣髴とさせる。気の毒。同系統のものはこれ。ボディにうっかり店名を書かれてしまうのは、ブタ共食いキャラならではなのかもしれない。

 ひさびさに救ってあげたい、と思わせるキャラクター。でもとんかつ美味しいよね。


 
 神田ぱんさんから通報のあった共食いキャラ。肉屋の看板だそうだ。

 目を覆わんばかりの惨劇。そういえば共食いだよな、と自覚的になった作者が行き着いた結論がこれ。確かに正しい結論だ。だが、正論はときに人を幸せにしない。

 知りたくなかった共食いの極北。共食いキャラを前に、人は何を得、そして何を失うのか。


 
 こちらも投稿いただきました。描写のタッチに似合わず、豚骨ラーメン店の共食いキャラとのこと。確かに読みづらいが、上部にそのような店であることが示されている。それにしても"Kotsuzui Ramen"(骨髄ラーメン)て。

 バタ臭い共食いキャラは羽まで装備。共食いのくせにスカしやがって、とののしりそうになったが、もしかしてこれは昇天後の姿なのか。

 その共食いアピールを糾弾すればよいのか、同情すべきなのか複雑な気持ちにさせられる。いずれにせよ豚骨ラーメンを食べる前にさせられてよい心理状況ではないと思う。


 
 のれんに染め抜かれたブタさん。シンプルに仕上げた描写はなかなか上手い。うまいが、そういうところに感心してはいけない。共食いキャラなのだから。
 
 気になるのは手足の描写がないこと。これをアイコン化されたシンプルな表現ゆえと見るか、あるいは首から下をすっぱりと…
 
 いやいや、言うまい。


 
 嗚呼、これはかわいそう。なにがかわいそうって、たぶんこのブタさんは自分が店頭でなにをやらされているのか分かっていない点である。この天真爛漫な表情。しかもボディにカラフルに「とんかつ」の文字。
 
 「あのー、どういうアルバイトなんでしょう」
 「ああ、きみは店の前でにっこりしていればいいから」
 「それだけでいいんですか?」
 「あ、あとちょっと体に描かせてもらうけど」
 「あのー、ところでここって何のお店なんですか?」
 「きみは、そういうことは気にしなくていいから」
 「はあ」

 あー!かわいそう!しかし、食材にならなかっただけまだマシか。いや、明日にでもそうなってしまうかもしれない。

 「どうだね、仕事にはもう慣れたかね?」
 「ええ!おかげさまで」
 「じゃあ、来週からは別の仕事にまわってもらおうかな」
 「わかりました!」
 「(そろそろつぎの募集をしなくちゃな…)」

 あー!かわいそう!

 共食いキャラ収集をしていると、こういうストーリーが浮かぶようになってくるのだ。店頭で涙ぐまないように気をつけたい。

このページのトップヘ